Smallcamera

自分の身をしっかりと守るために小型カメラの導入を考えてみませんか

隠しカメラと普通の防犯カメラとの違い

レンズのシャッター

自宅やオフィス・店舗などの防犯対策には、天井や壁に設置して画像や映像を記録する防犯カメラが広く利用されています。防犯カメラさえ設置していれば不法侵入等の被害を未然に防げるように思いがちですが、防犯カメラに映らないよう意識して犯罪行為を行う相手には効果を発揮できません。そうした巧妙な不法行為の決定的な証拠をつかむ目的には、一般的な防犯カメラよりも隠しカメラの方が適しています。
時計やペットボトル、キーレスなど、さまざまな形状にカモフラージュされている点が防犯カメラと異なる隠しカメラの特徴です。繰り返される車へのいたずらや近所で頻発する空き巣被害を断つには、犯人特定につながる隠しカメラの設置が欠かせません。オフィスや店舗でも従業員の不正行為対策や悪質クレーム対策などの証拠を残す目的で、同様の隠しカメラが利用されています。身につけることが可能なボールペン型や腕時計型の隠しカメラは、セクハラ対策やいじめ対策として証拠を残すのに効果的です。
こうした特殊な小型カメラを隠しカメラ専門店で購入しておけば、不法行為を行う相手に気づかれずに証拠映像を残せるようになります。防犯カメラをも巧みにかいくぐるような犯罪や嫌がらせ行為を終わらせるには、相手のさらに上を行く隠しカメラに頼るしかないのです。

イチオシ記事

このページのトップへ